施設名:医療法人財団青山会 介護老人保健施設なのはな苑 
住所:〒238-0115 神奈川県三浦市初声町高円坊1040-2 
電話番号:046-889-2400

施設概要

一番上に戻る

施設概要

名 称 医療法人財団青山会 介護老人保健施設なのはな苑
開設年月日 平成7年6月
理 事 長 高屋 淳彦
施 設 長 中村 恒夫
住 所 神奈川県三浦市初声町高円坊1040番地2
連 絡 先 TEL 046-889-2400
FAX 046-889-2401
事業内容 介護老人保健施設 短期入所療養介護 通所リハビリテーション 訪問リハビリテーション
定 員 入所:100人(ショートステイは空床利用)
通所:20人
稼働実績 入所:98.35人/日(令和元年度)※在宅強化型
通所:9.03人/日(令和元年度)
面 会 時 間 9:00~17:00(時間外の面会については事前にお問い合わせ下さい)
駐車場 約10台(ご面会の方もご利用いただけます。)
休日体制 日・祝日・年末年始・6月第4水曜日「青山会創立記念」
協力病院 社会福祉法人日本医療伝道会 衣笠病院 医療法人財団青山会 福井記念病院 歯科
併設施設 福井記念病院 居宅介護支援事業所なのはな
階層 フロア名 ベッド数 フロア機能
フロア 1F 海フロア 20床 一般棟
2F 風フロア 40床 一般棟
3F 空フロア 40床 認知症専門棟
通所 定員20名

施設長 中村 恒夫 ご挨拶

中村 恒夫

 昭和24年生まれの72歳です。経歴を話させていただきますと、慶応大学医学部外科学教室で学び、1979年に脳外科を専攻し数ヶ所の病院で脳外科の手技を深めました。今でも脳外科を極めるべく、脳神経外科専門医、脳卒中専門医の認定更新の研修、研究を重ねています。

 恩賜財団済生会若草病院の副院長を経て、2020年に医療法人財団青山会介護老人保健施設なのはな苑の施設長に就任しました。当苑は、認知症専用老健として運用しています。

 BPSDや生活障害で在宅での生活が難しくなった認知症の人が主たる対象者となりますが、彼らにも複数の慢性病を罹患していることは周知の通りです。「慢性病の病みの軌跡」を視野に入れつつ、BPSDや生活障害の克服のための環境調整を行い、利用者個々人の生活を復権させたいと考えています。

 加えて、地域で家族との生活を可能にするためにIPW(利用者を中心とした多職種連携)を軸とした施設運営を進めていきます。各専門職スタッフと利用者やその御家族にご満足をいただけるケアの推進には、専門職の士気の醸成は欠かせません。

 施設長を頂点にしたピラミッド形式のヒエラルキーパラダイムではなく、利用者を中心に据え、その周りを専門職が手を取り合うドーナツ型パラダイムの組織運営を行っていく決意です。目指すは、利用者、家族、施設職員の生きがいの醸成に他なりません。

 どうぞよろしくお願いいたします。

総看護部長 松浦 美知代 ご挨拶

 去年3月1日、数年ぶりに戻った故郷(介護老人保健施設なのはな苑)の光景には驚かされました。なぜ、短期間に見える光景が違ってしまったのでしょう。

 1年かけて改革に取り組み、今では利用者中心のケアを取り戻しつつあります。“座っていて!”と立ち上がりを阻む言葉や、想いを封じ込める言動など、行動制限や不適切ケアの影は薄れたのです。

 「認知症の人の尊厳を守り、難しくなった生活を復権させ、地域に帰す」ための施設の理念やケア方針を継続させるために不可欠な要素は

①理念やケア方針を継続的に実行できるように助言や修正をするコンタクトパーソンが存在すること 

②認知症の人を深く理解するアセスメントの力を育成すること 

③食事・排泄・入浴などケアのグランドデザインを作成・周知すること 

BPSDに対するケア指針を作成・周知すること 

⑤生活障害に対するケアのグランドデザインを作成・周知すること 

⑥多職種とのIPWの遂行 

⑦リフレクションマネジメントの推進だと、改めて思いました。

 現在、特に力を入れている取り組みは

そのⅠ:利用者の意思を確認しながらトイレに誘導して排泄することに拘り、布パンツで生活をすることを通して尊厳を回復していただくことです。本取り組みの副次効果として、センサーマットを使用しない環境にも関わらず、夜間の転倒事故を防止することができています。

そのⅡ:嚥下機能の評価のみを優先とした栄養管理から、食事環境の調整で自分の力でおいしく食事をしていただき、前向きに生きる意欲を持ち続けていただくことです。

 おむつ外しは順調に進み、多くの認知症の人がおむつのない生活ができるようになりました。ご家族からは、「現状維持が出来ればと思っていましたが、まさかおむつが外れるとは!夢のようです。」とのご意見を頂いている。おむつ料金も50%程度ダウンしました。
 食事については、95%以上の利用者は自分で食事を召し上がることができています。

 不適切ケアからなぜ脱却できたのか、その訳は追ってお知らせいたします。

管理者

  • 施 設 長:中村 恒夫

  • 総看護部長:松浦 美知代